スタッフブログ

熊本のアメ車はグローバル > スタッフブログ > アメ車は壊れやすい!?いいえ、誤解です!

アメ車は壊れやすい!?いいえ、誤解です!

アメ車は壊れやすい!?いいえ、誤解です!

結論を先に言ってしまい、書くことが無くなってしまいました。(爆)

そう!誤解なんです!(2回目)

よくお客様から、
「アメ車はかっこいいけど、よく壊れてお金がかかるんでしょ?」
と言われます。その度に私は
「その質問を待ってました!」
と、アメ車のイメージを払拭することに気持ちよさを求め使命感が沸いてきます。

1、アメ車=壊れる。のイメージ

そもそもアメ車の定義は、「アメリカの自動車メーカーが作った車」のことを指します。「ゼネラルモーターズ(GM)」や「フォード」、「スライスラー」など、一度は聞いたことある名前ですね。

日本では、それらを輸入し販売されています。有名で歴史あるメーカーが作った車なのに何故、壊れやすいというイメージが付いてしまったのでしょうか。

悪徳業者が原因!?

90年代初頭にシボレー・アストロが大流行した時期がありました。人気が爆発し多くの車両が輸入され、日本で販売が加速したのです。

しかし、その時に心のない業者は「走行距離を改ざん」したり、不具合が出ている車を修理しないまま、販売をしたりと多くの改ざん車・不具合車が出回ってしまいました。結果、アメ車(シボレー・アストロ)の評判が落ちてしまいました。

「走行距離の改ざん」ですが、アメリカはとにかくビック!人も大きければ、土地も日本の約26倍の面積があります。その分、車の走行距離も3年で10万キロを越えるものを多くあります。しかし、日本で10万キロ超えの車両を見かけると
「長い間乗ってたんだろうな」
「買ってもすぐに壊れるんだろうな」
と理解がないとなかなか販売には繋がりません。そこで、悪徳業者は走行距離のメーターを勝手に戻し、販売していたのです。(もちろん違法行為)

車を買って走っていると気付く「何かおかしいな」は壊れたわけではなく、最初から壊れていたケースが多かったわけですね。

「ちょっと待った!!」

3年で10万キロを平気で走る車・・・めっちゃ元気な車じゃん・・・

そうなんです。これって日本の車と変わらないんですよ。また、日本で車を乗っていると「自動車検査登録制度」いわゆる車検があります。

アメリカでは、日本のように統一された適合基準を設けられた厳密な検査はなく、各州によって基準が定められている車両状態検査しかありません。(ボンネットを開けて簡単に見ただけで終わりという州もあるとか・・・)

2年に1回、細かい検査をし、合格したものしか日本では走れないということは、逆を言えば、しっかりメンテナンスされているということになります。

えっ・・・変わんないじゃん・・・(2回目)

2、日常点検が大事

日本車とアメ車が変わらないことがわかりましたが、実際に買ったあとにすることと言えば、、、

  • 1、気持ちよくドライブする
  • 2、友達に自慢する
  • 3、恋人と海岸沿いをランデブー(死語)
  • 4、インスタに投稿する
  • 5、日常点検をする

どれも重要で順位は付け難いのですが、強いていうなら5番の日常点検です。日本車であっても日常点検をするかしないかによって、車の故障を未然に防いだり、事故防止にも繋がります。

エンジンオイルレベルやタイヤの溝、ワイパーの劣化等はもちろんですが、たまにボンネットを開けてみると良いですね。(休日にボンネットを開けてみている私・・・ヤダッ・・・カッコイイ・・・となるかも)

ボンネットを開けても何がなんだか分からないという人が多いかと思います。しかし、何度も見ているうちに、どんなパーツがどういう風に取り付けられていて、どんな色をしているかが、分かってきます。慣れてくるとパーツの欠損や油の滲みや漏れ等、違和感に直ぐに気付くことができます。

そんな気付きがあったら、「まぁ大丈夫でしょ?」と放置しておくと大変なことになります。そんなの時はぜひ、「アメ車のグローバル」にご相談下さい。専門用語は極力使わずに、判り易くご説明致します!日常点検のちょっとしたコツもご案内できますよ♪

(正直に言うと、どのパーツの名前が○○で、どういう仕組みをしていてという知識は、最初は必要ありません。)

3、何よりも愛が大事

購入する車を選ぶ際に、押さえるポイントは人それぞれかもしれません。乗車人数や見た目、性能や内装など。

車=移動手段なのですが、折角のアメ車。見た目や大きさ、ラグジュアリーな内装やエンジンの音に惚れて購入する方がほとんどでしょう。洗車をしたり、日常点検をしたり旅行に出かけたりと、それは移動手段ではなく、道具以上恋人未満(意味不明)なのかもしれません。車を大切にするということは、つまりは車を壊れにくく、寿命を延ばすことにも繋がります。

逆に車への愛情がなくなってしまうと、車は調子を悪くすることが多々あります。(体験済み・・・)原因は簡単で、単純に乗る回数が減ったり、洗車の頻度も落ちてしまいます。動かさずに放置するとあちこちで油切れを起こしたり、タイヤの劣化が進んだり・・・

そうなる前のクルマの不調サインに気付くには、やっぱり日頃どれだけ車を見ているか、走っているかがポイントですね。

4、まとめ

いかがでしたか?「アメ車=壊れやすい」というわけではなく、イメージで敬遠してしまうにはもったいない程の魅力がアメ車には詰め込まれています。日本車のように数が多いわけでもなく、CMも日本ではほとんどありません。

どんな車があるのか、ちょっとでも気になった方がいらっしゃれば、ぜひ熊本にあるグローバルにご来店下さい。あなたにピッタリのアメ車お探しします!

また、既に購入されている方も、日常点検で困ったことや、調子が悪い等が御座いましたら、お気軽にお申し付け下さい。
専門スタッフが、お客様の大事な車を丁寧に診させて頂きます!


アメ車ディーラーネットワーク